日常

圧迫面接?

投稿日:

自分の専門分野でもないのに、如何にもその業界を知り尽くしているような話っぷりをする面接官がいる。

僕は診療放射線技師という資格をもっているのですが、今まで病院を面接をした時に看護師さんや検査技師長(臨床検査技師?)、技師装具士さんが面接をしてくれた時がありました。

国立病院を受けた時は、技師・医師と思われる人たちに囲まれて委縮して質問に答えらず、悔しい思いをした思い出がありますが、中小病院の畑違いの面接官さんとの思い出はなんか後味の悪いものが多かったです。

彼らはなぜか放射線技師をバカにするのです。使えるモダリティが多くても付加価値にはならない。検査は誰がやっても同じ(診療報酬点数的に?)。放射線技師自体余っている。いろいろ経験、勉強した上での結論がこれで、なぜそれを面接を受ける人にわざわざ言うのでしょうか?       

圧迫面接という言葉がありますが、僕が嫌な思いをした面接官達はこの手法を使っていたのでしょうか?その後、その人たちと会っていないので聞くことが出来ません。

-日常

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

自分の腰痛

昼飯を食べ終わった後、急に腰のあたりが張ってきた。時間とともに痛みがどんどん増してきて、薬(ロキソニン、ミオナール)とシップ(モーラステープ)を処方してもらう事にしました。 腰痛で病院へ行くと、まずレ …

no image

コロナ抗体値 1110U/ml

先日職場にてコロナ抗体値を測るため採血を行いました。2回目接種が6月下 旬だったので、接種後2ヶ月での値になります。 15あれば感染の成立を防ぐ事が出来、250以上が高力値なので、十分な抗体を得たと言 …

no image

川と落ち葉

永遠に変わらざる 涼しき山並~♪ 白き朝靄が 我と微睡む~♪ 秋は終わっているが、ユニコーンの「立秋」が頭に流れた。 阿部義晴さん…「欲望」もよく聴いたなぁ。

no image

コロナワクチン接種2回目

熱が出てしまいました。ちゃんと抗体ができていた証拠なのかもしれませんが、久々の38℃超えだったので、かなりこたえました。

no image

「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」 商業施設6月11日開業