読書

来月44歳

投稿日:

人生の大部分は終わった。生物的に44歳といえば、新たな成長は無くなり、今までの経験を活かして余生を生きていく年齢なのだろう。

自分は全然その領域に達していない。いまだに若い世代と一緒の仕事内容を続けて行かなくては給料をもらう事が出来ないでいる。衰えていく気力と体力、そして記憶力。かかる負荷は日々増しており、とても惨めな気持ちになってくる。

根拠のない希望はなく、建設的な未来も描けない。思い出に浸ることも出来ずに、景色の変わった東京都心を帰宅時にフラフラと歩く。

もともと人生楽しいなんて感じた事なかった。特別大きな出来事があった人生ではなかったが、小さな希望をもってそれを打ち砕かれ続けられた寂しい人生だったと思う。

これって結構つらい事だと思う。「本当に欲したものを自分は得られない」という先入観が完全に植え付けられている。負け犬だ。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

平積み未読

蜜蜂と遠雷 21世紀の資本 ファスト&スロー 杏子・妻隠

no image

中田敦彦エクストリーム日本史

妻が渋沢栄一の本を読んでいた。歴史について全く無知な人間に興味をもたせるYouTube番組は本当にすごいと思う。とはいっても元々本はよく読んでいる方なので、あまり本を読まない自分よりは珍しくない現象な …

no image

マルゲリータの本棚

先月末、YouTube、ニコニコ動画でおなじみのDaiGoさんが使っている本棚を発注しました。自分は読書家ではありませんが、妻が比較的良く読むので奮発しました。 部屋の梁にあわせて最上段部をカットして …

no image

他のことをする元気が少し出てきた

物事にチャレンジして成功をおさめる人にはちゃんと根拠があると思う。 スポーツ選手なら圧倒的な練習量。誰もが知るスーパースターですら、凡人のそれをはるか に超えた練習量があるのはよく聞く話だ。 社会人で …