日常

圧迫面接?

投稿日:

自分の専門分野でもないのに、如何にもその業界を知り尽くしているような話っぷりをする面接官がいる。

僕は診療放射線技師という資格をもっているのですが、今まで病院を面接をした時に看護師さんや検査技師長(臨床検査技師?)、技師装具士さんが面接をしてくれた時がありました。

国立病院を受けた時は、技師・医師と思われる人たちに囲まれて委縮して質問に答えらず、悔しい思いをした思い出がありますが、中小病院の畑違いの面接官さんとの思い出はなんか後味の悪いものが多かったです。

彼らはなぜか放射線技師をバカにするのです。使えるモダリティが多くても付加価値にはならない。検査は誰がやっても同じ(診療報酬点数的に?)。放射線技師自体余っている。いろいろ経験、勉強した上での結論がこれで、なぜそれを面接を受ける人にわざわざ言うのでしょうか?       

圧迫面接という言葉がありますが、僕が嫌な思いをした面接官達はこの手法を使っていたのでしょうか?その後、その人たちと会っていないので聞くことが出来ません。

-日常

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

六本木一丁目

no image

パッチファイルのダウンロードに失敗しました

先日、ff14の無料トライアルをダウンロードする時にエラーが出まくって困りました。 解決方法はCookie履歴を消去する事。 ネット調べて色々やりましたが、多分これであっていると思います。

no image

池袋目白椎名町

no image

夜の公園

真冬の21時。近所の石神井公園まで🐸探しに妻と散歩。もう少し暖かくならないと、冬眠からさめないと思うのだが、どうやらこの時期に繁殖のため一時的に活動するらしい。 寒い中、懐中電灯片手に探しましたが収穫 …

no image

YouTube最近のお気に入り

ここ1年あまり、本当にYouTubeをみる事が多くなった。 最初みるきっかけになったのはメンタリストのダイゴさん。妻がよく聞き流しており、そこ 出てくる猫さんが可愛いので自分でもたまみてました。 その …